脱毛というと「やっぱり痛いんでしょ?」と思ってしまう人は多いです。
実際に体験した側から言わせてもらえれば、「確かに痛い時もある」のは確かです。しかし、だからといって耐えられないほどの痛みを感じ続けるというわけでもありません。
今回は、なるべく痛くなく全身脱毛をするにはどうしたらいいかということについてお話したいと思います。痛いのは苦手、できれば痛みのない脱毛をしたいという人は参考にしてみてください。

目次

  1. 全身脱毛で痛みを感じてしまう原因
  2. 全身脱毛で感じる痛みを緩和する方法
  3. 脱毛施術中に痛みを感じてしまった時は?
  4. 痛くない全身脱毛を成功させるためにすべきこと
  5. 日々の努力と少しの知識があれば大丈夫

全身脱毛で痛みを感じてしまう原因

  • 自分の肌に問題がある
  • サロン・クリニックに問題がある
  • 脱毛部位によるもの

「脱毛は痛いもの」と思っている人は多いですが、その一方で「全く痛くなかった」という人もいます。
実は、痛みを感じる場合には原因があります。
痛いのは脱毛施術のせい、と思ってしまいがちですが、実際には脱毛施術だけが問題となっているわけではないこともあるのです。

自分の肌に問題があることが原因の場合

顔脱毛も良い

現在光脱毛などで扱われている脱毛マシンはかなり改良されていて、昔のように痛いだけの脱毛とは違います。
全身脱毛の施術の際に痛みを感じるというのなら、それは自分の肌が問題となってしまっている場合があります。
例えば肌が乾燥している人は脱毛施術による痛みを感じやすくなります。
肌の表面から光やレーザーを当てることにより、毛根に熱ダメージを与えて毛を生成している細胞を破壊するのが光脱毛やレーザー脱毛の仕組みです。
乾燥している肌は外部からの刺激に弱いため、この熱ダメージの刺激が痛みとして感じやすくなってしまうのです。同じように乾燥肌になりやすい、肌が弱い人や敏感肌の人も全身脱毛の施術をしていて痛みを感じてしまったという人が多いので、肌がカサカサしているという人や肌をあまり保湿していないという人は施術の際には注意が必要です。
普段以上に肌に刺激を与えてしまうことになるので、痛みだけでなく思わぬ肌トラブルにも発展してしまいかねません。痛みが不安という人は、まずは自分の肌がどんな状態かチェックしてみると良いでしょう。
あまりに乾燥がひどい場合は痛みを感じたり肌トラブルを起こす可能性が大きいとして、全身脱毛の施術自体を断られてしまうこともあります。

サロン・クリニックに問題があることが原因の場合

多くの人が「痛いのはサロンが悪い!」「クリニックのせいで痛みを感じてしまった」と思っているのではないでしょうか。
一概には言えませんが、確かにサロンやクリニック側に問題があることもあります。
例えば、未熟なスタッフしかいない脱毛サロンの場合は、まだ脱毛施術そのものに慣れていないため、肌に合わせた出力調整や肌のケアができません。
そのため肌が十分に保湿されていない状態で照射をしてしまって痛みを感じやすくなったり、肌に合わせて出力のレベルを調整できないために、自分の肌にはダメージが強すぎて痛みを感じることもあります。ベテランのスタッフが多いサロンであれば、「この肌はこのぐらいの出力で照射するのが一番効果がある」というのがわかっているので、脱毛効果はもちろん痛みもあまり感じないことが多いのです。
また、痛みを訴えても新人のスタッフの場合は手際よく動けないこともあります。なぜ痛いのがわかっていない場合、永遠に痛いまま施術を続けられてしまうこともあるので困り者です。
さらに、脱毛マシンが古いサロンやクリニックは、従来のように痛い脱毛になってしまうこともあります。最新の脱毛マシンの方が痛みについても改良されていることが多いです。

脱毛部位によるものが原因の場合

手足はあまり痛くないのに、脇やデリケートゾーンの脱毛になると急に痛くなる!という人は、脱毛部位によるものが原因となっています。
これはある程度は仕方がないことです。
どうしてもデリケートゾーンなどは粘膜に近いことや普段から刺激になれていない部位でもあり、肌も刺激に敏感です。どれだけお手入れをしていても、ここだけは痛みを感じてしまうという人も少なくありません。
また、ひじやひざといった骨に近い部分や、鼻下や眉間なども刺激を感じやすく、施術中に痛みを感じる人が多いです。どこも背中のように広範囲ではないので、我慢する時間はほんの少しです。しかし、どうしても痛いのは嫌だという場合は脱毛をしないという選択をするしかないので、ムダ毛のお手入れのためにはほんの数秒、数分の我慢は必要だということは覚えておいた方が良いでしょう。
しかしほとんどの場合は「痛みは一瞬」で、いつまでもズキズキと痛むようなものではありません。中には「軽い電流が走った程度」という不安な表現も見かけますが、あっという間の出来事なのでそれほど心配することはありません。
デリケートゾーンは見られている恥ずかしさもあるので、特に痛い最初の頃は恥ずかしさでほとんど覚えてないぐらい痛みを感じなかったという人もいるほどです。

全身脱毛で感じる痛みを緩和する方法

自分の肌に問題があることが原因の場合の改善方法

自分の肌を見て、乾燥が気になるようであれば全身脱毛の前にはきちんと肌を保湿しておきましょう。
自分が乾燥肌かわからない、肌の状態がわからないというのであればサロンやクリニックのカウンセリングで今の肌状態をチェックしてもらい、乾燥しているかを見てもらうのも1つの方法です。カウンセリングをしていきなり照射ということにはなりませんし、万が一乾燥肌や敏感肌の場合は、「痛みはどの程度か」ということまで教えてくれるサロンもあります。
自分ではたいしたことないと思っていても、実はひどい乾燥肌で、いざ施術をしようとしても断られてしまったというケースもあります。事前に自分の肌状態を理解し、きちんと保湿された肌を作っておくことで施術中の痛みは改善できるはずです。
また、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎、ニキビなど、すでに肌に炎症を起こしてしまっている人は脱毛サロンよりもクリニックに行き、診察をしてもらいながら脱毛施術を受けるという方法があります。多少お金はかかりますが、炎症止めのお薬を処方してもらったり、万が一肌トラブルが起きてしまっても迅速に医師に対応してもらえるので何かあった時は安心できます。

サロン・クリニックに問題があることが原因の場合の改善方法

頑張って脱毛に通おう

まずは問題があるようなサロンやクリニックで契約をしないことが大前提となります。つまり、サロン選び、クリニック選びをきちんと行うことが大事です。
痛みを感じやすいサロンやクリニックの特徴としては「ベテランのスタッフがいない(技術力のないスタッフばかり)」であることや「最新の脱毛マシンを使っていない」「肌トリートメントなど保湿サービスが一切ない」などです。人気があっても、保湿ケアがいまいちだったり、どんなに内装が好みでもスタッフは全て新人で、始めて人の肌に触れるような人ばかりというようなお店には行かない方が無難です。
脱毛サロンやクリニックはとにかくたくさんあるので、「どこが痛くないところかがわからない」と感じる人も少なくありません。そんな時は口コミや体験談をチェックしながら「全身脱毛は痛くなかった」というような声を参考に選んでいくと良いでしょう。
どうしても出力が強い医療レーザー脱毛の方が効果を感じやすい一方、痛みも感じやすいです。ある程度の痛みは我慢できるという場合は、どんな痛みなのかもチェックしておきましょう。よくある脱毛施術の痛みといえば「輪ゴムで弾かれた程度」というものです。
医療レーザー脱毛か全身脱毛か?口コミで比較しよう!
全身脱毛を口コミで選ぼう!医療レーザー脱毛or光脱毛

脱毛部位によるものが原因の場合の改善方法

脱毛部位によってどうしても痛みがあるという場合は、その部位の脱毛を諦めるか我慢するしかありません。
しかし、サロンやクリニックによってやり方は違いますが、それぞれで痛みをできるだけ緩和できるような処置はしてくれます。例えば脱毛サロンであれば冷却ジェルを多めに塗って、熱によるダメージを感じにくくすることもあります。麻酔が使えるクリニックであれば、痛みを感じないように麻酔を使うことも可能です。
しかし無料で行ってくれるというところは少なく、特に麻酔の場合は1回につき3000円程度かかってしまうこともあるため、毎回麻酔をしているとお金がいくらあっても足りないということになってしまいがちです。
IラインやOゾーンなど、強烈な電流が走ったかのような刺激、痛みがあることもありますが我慢するのはほんの一瞬です。事前に「痛いのだけは絶対に避けたい」ということを伝えておけば、限界まで痛みを緩和してくれることはあるかもしれません。
ちなみに、痛みには個人差がありますが、同じぐらい痛みに弱いスタッフに施術をしてもらえた時はあらかじめジェルを多めに塗ってくれたり痛くならないように十分冷やしてくれたりしたことはありました。

脱毛施術中に痛みを感じてしまった時は?

施術中にどうしても我慢できないほどの痛みが襲ってきてしまった時は、急に体の向きを変えたり暴れたりしてしまうのは危険です。
飛び上がるほどの痛みであるかもしれませんが、一旦我慢して、痛いということを正直に伝えましょう。
中には施術に集中しているスタッフもいるので、痛みを我慢しているだけでは気づかないこともあります。痛い時はきちんと痛みがあるということを告げることで、ジェルを多めに塗ったり冷やしてみたり、出力を下げたり出来る限りのことをしてくれるはずです。
しかし出力を下げてしまうとその分脱毛効果が落ちることもあるので、ある程度の我慢は必要です。

痛くない全身脱毛を成功させるためにすべきこと

  • サロンやクリニックのサービスに注目
  • 保湿ケアとUVケアを行う
  • 脱毛方法を使い分ける

痛みは我慢できるのが一番いいですが、自分でも多少は緩和することは可能です。どうしても我慢できない痛みも、工夫をすればどうにか我慢できる程度の痛みになることはあります。
また、チクチク程度の痛みを感じていた人はほぼ無痛になることもありますよ。

サロンやクリニックのサービスに注目して予防

脱毛サロンやクリニックの中には、痛みを緩和させてくれるようなサービスが充実しているところもあります。
例えば、施術前の肌のトリートメント。肌を保湿してあげることで乾燥を防ぎ、全身脱毛の施術時に感じる痛みを緩和させたり、脱毛効果をアップさせています。
また、クリニックであれば痛みを感じないように麻酔のサービスがあったり、十分に肌を冷やしてから照射してくれることもあります。
無痛にする、という意味ではクリニックを利用した方が良いかもしれませんが、脱毛サロンであっても多少の痛みは緩和してもらえますので、冷やしたり保湿したりするようなサービスが充実しているサロンを探してみると良いでしょう。
肌の状態を見ながら出力を変えてくれるサロンであれば、痛みに弱いところは出力を下げ、あまり痛みを感じにくいところは様子を見ながら出力を上げてくれることもあります。ただしこれはベテランのスタッフでなければ難しいものなので、老舗のエステサロンや技術に定評のあるサロンなどの方が良いかもしれません。
脇などは痛みを感じないこともありますが、デリケートゾーンも含まれる全身脱毛は「少しでも痛みを感じた」という人がほとんどです。いずれも耐えられないほどの痛みではないものの、痛みに対する理解のあるサロンやクリニックで施術を受けたいものです。

保湿ケアとUVケアを行うことで予防

脱毛後は睡眠もとろう

サロンやクリニックでも、痛みの緩和のために保湿ケアを行ってくれるところがありますが、自分でもきちんと保湿は行っておいた方が良いでしょう。
なぜならサロンやクリニックのアフターサービスだけでは、その場は十分保湿されているようには見えますがいずれ乾燥はしてしまうからです。
特にお風呂上がりまではよくても、お風呂から上がった途端に肌が乾燥してきたという人は多いです。入浴後など体温が上がっている時は特に乾燥もしやすいので、スキンケアと同時にきちんと体の方も保湿してあげるようにしましょう。
全身脱毛の施術当日は入浴は禁止されていますが、シャワーを済ませた後も乾燥しないようにボディクリームや化粧水を優しくつけるようにしてあげると効果的です。施術以外の時も保湿をしておけば、常に肌の乾燥を防いでいることになります。肌が乾燥していなければ施術時に痛みを感じにくくなりますので、面倒でも保湿ケアだけは怠らないようにしましょう。
また、うっかり日焼けも肌を乾燥させてしまいます。冬でも日焼け止めを使ってUVケアを徹底しましょう。
保湿ケアとUVケア、どちらも脱毛期間中に行っておくことで、全身脱毛が終了した後の肌が見違えるような仕上がりになりますよ。

脱毛方法を使い分けて予防

全身脱毛となると、同じサロンやクリニックで全身のパーツを脱毛しなければいけないと考えてしまいがちですが、絶対ではありません。
痛みに弱い、どうしてもここでの脱毛は痛い、と感じるのであれば痛みを感じる部位の脱毛だけ別のサロンで行ったり、脱毛方法を変えてしまってもいいのです。
例えば全身脱毛サロンで、デリケートゾーンの脱毛は痛みを感じてしまう場合。脱毛サロンではデリケートゾーンの施術を避けてもらい、別の痛くないサロンで部分脱毛としてデリケートゾーンの脱毛をしたり、クリニックで麻酔を使いながら施術を受けることも可能です。
同じサロンでまとめて脱毛できる方が全身脱毛としては効率がよく、料金的にもお得であることがほとんどですが、どうしても痛みに我慢ができないけれど全身を脱毛したいという場合は考えてみても良いのではないでしょうか。
ただ、出力が高くなれば痛みは増しますので、全身脱毛でも全身は医療レーザー脱毛で、痛みが気になる部位は光脱毛で、という程度にした方が良さそうです。
針脱毛は痛みのレベルが他の脱毛方法と比べて格段に違いますので、痛みに弱い人にはおすすめできません。
ピンポイントで脱毛ができるのは便利ですが、痛いのが嫌な時点で、針脱毛だけは選択しない方が身のためです。

日々の努力と少しの知識があれば大丈夫

いかがでしたでしょうか。
脱毛施術による痛みは、なぜ痛くなってしまうのかという知識と、日々のスキンケアで肌を保湿することができれば、ある程度は我慢できるレベルにできます。また、極力無痛を求めるよりは我慢してしまった方が早いことが多いです。
全身脱毛の場合は毎回痛みを感じることもなく、部位によって痛みを感じる程度です。最新の脱毛マシンであれば、光脱毛でも医療レーザー脱毛でもそれほど耐えられない痛みであることはまずないと考えられます。
痛みが気になるようであれば、まずはテスト照射や脇脱毛などで様子を見てから全身脱毛に挑戦してみてください。全身脱毛には、多少の痛みを我慢するほどの価値があります。