女性用育毛剤で頭皮をケア

女性用育毛剤で頭皮をケアしましょう

女性用育毛剤と男性用育毛剤との違い

女性・男性の薄毛の原因と、症状はそれぞれかなり違います。育毛剤を選ぶ際には、間違って男性用を購入しないよう気をつけたいものです。その理由は、男性の薄毛は男性ホルモンや遺伝が大きく関係しているのに対して、女性の薄毛は生活習慣やストレス、食生活などが大きく関係している場合が多いからです。男性特有の薄毛の理由を改善するものを使ったとしても、女性の薄毛の悩みには聞きませんので、注意が必要です。

さらに、男性と女性では薄くなる状況も少し違います。男性は前髪が後退したり円形脱毛症などがありますが、女性の場合は毛量はそのままで髪の毛が痩せてしまった結果、全体がボリュームダウンしてしまう、というパターンが多いのです。そのため、男性には男性のための、女性には女性用育毛剤を選ぶことが重要というわけです。女性の場合の薄毛対策・予防について考えてみましょう。食生活で薄毛になってしまったという場合です。戦後、私達の食生活は欧米化の一途をたどり続けています。お手軽に食べられるインスタントやファーストフード、ファミレスなど、脂質の多いものばかり採る生活を送っていませんか。
それらは薄毛の原因となってしまいます。これから薄毛の原因と対策を考えていきましょう。

薄毛の原因をはっきりさせて対策する

薄毛の原因であるひとつ、食生活ではお肉の食べ過ぎというものがあります。タンパク質は確かに、健康的な毛髪を育成するにはもってこいの成分なのですが、そればかり採っていると薄毛の原因になってしまいます。日本は古来から米や芋、魚、野菜、発酵食品などといった、脂肪少なめのバランスの良い食事を採ってきました。それが現在では脂肪たっぷりの食事ばかり採っている、という人も少なくありません。欧米化しているとはこういうことです。

しかし、現在はヘルシーな日本食も見直され始めています。ただ、日本食では醤油や味噌など塩分の多いものもあります。発酵食品は体に良いのですが、取り過ぎは塩分過多になってしまい、動脈硬化などといった病気を引き起こすことになってしまいます。
そうすると老化が早まることになる上、髪の毛も減っていくという悪循環に陥ります。

ほどよくお肉も取りつつ、野菜中心でバランスの取れた食生活を送って行くことが、育毛には一番良いことなのです。お肉の代わりに大豆製品を採るのも有効でしょう。大豆イソフラボンがホルモンバランスを整えて、髪を丈夫にしてくれる効果をもたらしてくれるかもしれません。その食生活を送りながら育毛剤で頭皮をケアする事で、頭皮も健康になり、よりよい育毛効果が得られるのです。